ゆとりの人生100年戦略

元新卒社内ニートのキャリアLAB(転職・キャリアUP、ときどき旅行)

キャリア迷子日記 〜お願い、脳まで届いて!(職場でのストレスの対策法)〜Part14

こんばんは

谷町グリーンです。

 

今週は九州地方を初めとした日本各地、豪雨で大変でしたね。

今週末も各地、雨模様ですので皆さんも引き続き警戒してください。

 

さて、本日もキャリア迷子日記を書きたいと思います。

 

本日のテーマは「逆算思考」です。

f:id:Tanimachi-Green:20200811075017p:plain

 

このテーマを取り上げたきっかけは

世界的な名著「7つの習慣」を通勤中に読んだことです。

 

読んでいく中で私を含めたサラリーマンにも役立つ

「人生のヒント」が書かれていると思ったので

今日は「逆算思考」をテーマに書きたいと思います。

 

本ブログを読んでいただき

「自分の人生に大きな不満はないけどなんか満足していないという人」が

なぜ満足できないかを考えるヒントになったら嬉しいです。

 

トピックは下記です

 

では、早速書いていきます

1.あなたが職場でイライラする理由

 

皆さん、今週もお疲れ様でした

突然ですが、今週はお仕事順調でしたか?

 

僕は色々わからない仕事があってパニックになったりイライラしたりしました笑

 

でも、ふと思ったのです!

 

私はなんでイライラしているのでしょうか?

 

別に仕事でミスって会社が大損害を被っても(そんな大きな仕事はしてませんが笑)

私の給料は大きく減りません。

 

仕事が長引いても残業をすることになっても

多少割増された残業代が手に入るので、むしろ定時間内にやるよりお得?とも考えれます。

 

このように考えると大きな課題や問題はないのに

私たちはなぜ仕事でイライラしてしまうのでしょうか?

 

私なりに出した答えは「なんとなく嫌だから」です。

私の場合は、そこに明確な理由はありません。

 

というか、そこまで考えていないのです。

 

そう、それはまるで熱いお茶が手にかかったら、すかさず手を引っ込める

脊椎反射のように思考は脳まで届いていないのです!

 

 

2.あなたが会社にいく理由

 

ここでもう一つ皆さんに質問があります

 

「あなたが会社に行く目的はなんですか?」

 

 ・スキルアップのためですか?

 ・出世して多くのお金を稼ぐためですか?

 ・社会に貢献するためですか?

 

おそらく上記の問いに明確に答えられる人は

会社に行ってもあまり無駄にイライラしたりしないと思います。

 

なぜなら明確な目標(ゴール)があるからです。

 

仕事をたくさん振られても、多少嫌味を言われても

明確な目標があればそれらの課題を乗り越える力は湧いてくると思います。

 

でも、私の場合は会社に行って

出世してたくさんお金が欲しいとか

社会の役に立ちたいなどの目標がありませんでした。

 

だから、ちょっと外部から刺激を受けると

反射でイライラし悲しくなったりするのだと思います。

 

 

3.おじいちゃんは〇〇な人だったよ

 

では、皆さんの人生はどうでしょうか?

 

目的やビジョンはありますでしょうか?

 

もしないのであればちょっと危険だと思いませんか?

 

なんとなく目的もなく人生を生きていると、

会社で大量の仕事を降られた時と同様、外部の刺激にいちいち反応してしまいますし

与えられた仕事をこなすのに右往左往している間に定時を迎えるように、

私たちは気づいたら、おじいちゃんになっているのではないでしょうか?

 

私が読んだ「七つの習慣」に印象的なことが書かれていました!

 

それは「人生の終わりを思い描け」という言葉です。

 

これは具体的に実生活に落とし込むと

あなたが死んで葬式を迎えた時、「あの人は〇〇な人だったよ」と言われるとしたら

その〇〇にどんな言葉が入ったら自分にとって幸せかを考えるということです。

 

皆さんならどんな言葉が入るでしょうか?

 

誠実、正直、真面目、豪快・・・・・

 

少なくともあの人は

「お金持ちだったよ」とか

タワーマンションに住んでたよ」のような、物質的なものではないのではないでしょうか?

 

 

4.自分で選択するという意識を持つこと

 

話は変わりますが、最近ネットなどでは

「大企業はオワコン」という言葉をよく耳にします。

 

でも、僕が思うに大企業で働くことは全然オワコンではないと思います。

(実際に頭の良い人や人間として尊敬できる人もたくさんいます)

 

私がオワコンだなと思うとしたら

それは「選んだ自覚がない(自分の人生を生きない)」ことだと思うのです!

 

最近は銀行、大手メーカーなど大企業の経営が厳しいというニュースが後を立ちません。

実際にブルックス・ブラザーズも破産したと報道されていました。

 

でも、私が〇〇という目的も持って選んだという自覚があれば

暗いニュースに対しても捉え方が変わってくるのではないでしょうか?

 

自分で選んだ自覚さえあれば

沈みいくかもしれないタイタニック号のような大企業にいるのもよし

自ら起業したりベンチャーという荒波に飛び込むのもどっちでもOKだと思います。

(もちろん上記以外にも様々な選択はあると思います)

 

なぜなら、そのような目標やゴールがある人は

会社と自分の人生を一体化していないからです!

よって、世の中の不況とかいうニュースに一喜一憂しないんだと思います。

 

こんな不景気な世の中だからこそ

「死んだ時になんと言われたいか」という

自分の人生の最終目標を今一度考え直すのも良いのではないでしょうか。

 

最後に今回テーマとして取り上げた「7つの習慣」の内容を

わかりやすく噛み砕いてくれた書籍を紹介します。

1時間くらいで読めたのでぜひ読んでみてください。

13歳から分かる! 7つの習慣 自分を変えるレッスン

13歳から分かる! 7つの習慣 自分を変えるレッスン

  • 発売日: 2020/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

では、みなさん楽しい週末をお過ごしください!

 

 

5.お知らせ

 

谷町グリーンとしてSNSを始めました

よかったらフォローしてください

 

twitter   「@tanimachigreen」 主に読書やニュースを見て思ったことを

Instagram「tanimachigeen].        海外20か国・日本全都道府県を巡って

 

Instagram